経団連自然保護基金25周年記念事業


ユースプログラム

2019年度奨学金付インターンシップ募集のお知らせ

自然環境は、持続可能な開発の基礎です。SATO YAMA UMIプロジェクトでは、現代社会で生活する若者を対象に、将来的に社会リーダーとして変革をもたらすことを期待して実施されるユース人材育成プログラムを実施しています。ユースプログラムの「奨学金付インターンシップ」に採用された参加者には、SATO YAMA UMIプロジェクトの現場(カンボジア、インドネシア、ニューカレドニア、ベトナム)でのインターンシップ体験を通じて、環境問題への理解をより深める機会を提供します。また、8月には、自然環境保全についてより実践的な理解を深めてもらうための「環境リーダーシップ講座」も実施します。

募集概要
募集人数

各プロジェクト1〜2名

□ カンボジア(1)
オオヅル保全に向けた小中学校での環境教育
□ カンボジア(2)
オオヅル保全に向けた地域住民への普及啓発と環境教育
□ インドネシア
国立公園における里山保全に向けたエコツアー開発
□ ニューカレドニア
マンタの生態調査と普及啓発活動
□ ベトナム
中央北部の小学校における環境教育のための人材育成
応募資格
  • ①応募時に日本又は海外の大学・大学院に在学中或は卒業しているユース(18歳~35歳)であること。
  • ②自然環境保全、持続可能な開発に関心があり、将来も同分野の活動に携わることを希望していること。
  • ③心身ともに健康であること。
  • ④国籍は不問。ただし、日本語で業務遂行(研修、報告書作成)が可能なこと。
  • ⑤英語またはインターンシップを希望する現地語でコミュニケーションができること。
  • ⑥希望するポストが別途指定している要件がある場合は、これを満たしていること。
  • ⑦本プログラム参加に要する経費を自己負担できること(一部奨学金あり)。
  • ⑧「環境リーダーシップ講座」(8月5日~8月9日/詳細別途案内)に参加可能なこと。
  • ⑨インターン終了後、氏名・所属入りの報告をSATO YAMA UMIプロジェクトのウェブサイトおよび広報文書、報告文書に掲載することを許諾できること。
  • ⑩未成年の場合は、保護者の同意が得られること(採択後に同意書の提出をお願いします)。授業欠席・欠勤のためインターンシップへの参加証明書が必要な場合は、発行します。
応募締切
締切日:2019年5月31日23時59分
参考

ユース海外インターンシップ・プログラム/スケジュール概要

応募方法

下記資料及び申請書類をダウンロードし、必ず内容詳細をご理解の上、必要書類を申込期限までにyouth@satoyamaumi.jpまで、メールでご応募ください。

募集関係資料
① 募集要項(こちらよりダウンロード
応募関連書類
① 応募申請書(様式/こちらよりダウンロード
② 履歴書(日・英)(書式自由)
お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、下記までメールにてお寄せください。
youth@satoyamaumi.jp

SATO YAMA UMIプロジェクトは、経団連自然保護基金(KNCF)の創設25周年特別基金からの助成を受け、運営されています。

経団連自然保護基金は、リオ・デ・ジャネイロにて「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」が開催された1992年に設立されました。主に自然資源管理や希少種保護を含む生物多様性保全や植林、環境教育など幅広いプロジェクトを支援しています。これまでに1,000以上のプロジェクトに対して3,400万ドルを支援してきました。
SATO YAMA UMIプロジェクトは、経団連自然保護基金25周年記念特別事業として、持続可能な社会の実現、及び、生物多様性保全の主流化を目的に、事業対象国・地域における情報の共有促進と、地域コミュニティの発展・次世代人材育成に取り組んでいきます。

TOPへ